日本精神障害者リハビリテーション学会 第19回京都大会 分科会発表報告

日本精神障害者リハビリテーション学会・第19回大会が2011年11月12~13日かけて、京都の佛教大学で開催されました。

日本クラブハウス連合(JCC)の取り組みを多くの方々に伝えることを目的に、「ピアステーションゆう」が2つの分科会で発表をしました。

【発表1】

題名:「クラブハウスモデルの発展へ向けた研修体制構築への一歩 ~クラブハウスモデル基礎的研修会の取り組みから~」

内容:2011年1月に東京で開催した「クラブハウスモデル基礎的研修会(NCDT)」の取り組み、成果、また今後へ向けての取り組みについて。

発表資料:NCDT報告(2011-11-12).pdf

 

【発表2】

題名:クラブハウス間の連携・協力体制の構築へ向けた新たな取り組み ~スカイプ(Skype)を活用して~」

内容:5か所のクラブハウスで定期的に開催しているスカイプ会議の実施までの経過、取り組み内容、今後へ向けての課題等について。

発表資料: スカイプ報告(2011-11-13).pdf

 

今後も積極的に学会等で発表をしていきます。

トラックバック